100年先未来プロジェクト推進室通信~No29~

すいません、100年先のAIの理想像の続きです。AIに「何が支配されるべきか?支配されるべきではないか?」ことが理想像を考える上で、重要になるという話をしましたが、どういうことでしょうか?

 

理想的な人口知能との付き合い方は、人工知能に支配されることなく、うまく活用していくことです。「何が支配されるべきか?支配されるべきではないか?」を明確にしていくことで、支配されてもよい部分は、人工知能に絶局的に代替させていくことを進めながら、支配されていけない部分は、うまく活用していくことが求められます。

 

支配されずに、うまく活用し続けていくためには、「自らの意思と思考により、変化を受け入れること」ことが重要だと考えます。

 

つまり敵を知らずしては戦えないということですね。AIを良く知り、うまく活用できる社会が理想的な社会になるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です