「100年先未来プロジェクト討論会」に参加して

TEAM挑戦の高橋(通称:ジュゲム)です。
普段は広報委員会に所属していますが、ちょっと違ったことを書いてみます。

6月24日、チーム挑戦のセミナー「100年先未来プロジェクト バイオテクノロジー」に参加しました。

100年先の地球はいったいどうなっているんだろう?どうなっているのが理想的なんだろう?

未来のバイオテクノロジーをテーマに討論していきます。

10年先、20年先、長くても50年先のことを考えることはあっても

自分が生きていないであろう100年先のことを考えることはほとんどありません。

自分が生きていない未来を考えることで、利害関係に捕らわれることなく、

自由な発想で本質的な理想像を描くことができます。

様々な人たちとこの先討論を進めたうえで、理想像を形にしていき、

いわゆる教科書のようなものを作って世界へ発信していく、という壮大なプロジェクトです。

今回は1回目ということで、バイオテクノロジーについて討論しました。

まずは100年後の社会がどうなっているかを自由に出し合い、

そこからバイオテクノロジーで解決できそうなものをピックアップしていきます。

これは無理じゃないかというような制約は一切付けず、理想を自由に語っていきます。

その後は、人間の寿命と遺伝子組み換えについて

メリット・デメリットを出し合い、どうなっていくのが理想的なのかを討論していきます。

取りとめのない議論になったり、堂々巡りな議論になったりしつつも、

普段は考えることのないテーマに取り組むことで、みなさんの発想力が広がり、

互いの考え方の違いを知ることで、物事の視点も広がっていきます。

「バイオテクノロジー」というテーマは、難しい・堅苦しいという印象を受けますが、

話している内容は、

・寿命が延びたらどんな良いことがあるんだろう?逆に良くないことがあるんだろう?

・遺伝子組み換えが進むとどんな良いことがあるんだろう?逆に良くないことがあるんだろう?

誰でもこれから予測できる未来の問題について、みなさん自由に楽しく語り合っていました。

3つのグループに分けて討論したのですが、

他のグループはどんな話をしているんだろう?と聞き耳を立ててみたり、発表はどうしようかと相談してみたり、

ちょっと困りつつも、活発で楽しげが雰囲気が伝わってきます。

昼食時にはみんなで中華のお店にいってワイワイ盛り上がったり、

討論以外のところでもいい感じです♪

私のグループは発表が一番良かったというみなさんの投票により、

なんとMAMANOさんのチョコレートをいただきました。

今後も豪華景品に期待・・・いや、

新鮮で楽しいセミナーを期待しています(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です