100年先未来プロジェクト推進室通信~No34~

ジュゲムさん、100年先未来プロジェクト第1回討論会の感想ありがとうございます。文才に溢れていますね。楽しんでくれたようで本当に良かったです。

 

今日は、100年先のスポーツの完結編です。

 

2.スポーツが世界情勢を動かすシーンが当たり前になる。

 →もちろんプラスの方向に、です。NBAのスター・ロッドマン氏の訪朝やアメリカとキューバの国交回復などがイメージですが、もっとダイナミックに、密接にスポーツが社会を動かせる手段になる世の中です。政治とスポーツの関わりには賛否ありますが、私個人の意見としては密になることを推し進めていく方向です。全く切り離してしまったらスポーツは「その場の感動はあっても中長期的には何も生まないショー」にしかなりかねないからです。どんな分野だってトップレベルにいる人の努力、熱量は近しいはず。社会に影響を与えられるようなフィールドがあってしかるべきと考えます。

 

3.スポーツ教育が社会で活躍する人材の育成に直結するような仕組みができる。

 →体育や部活動を単なるレクリエーションや人格形成にとどめず、ビジネスの世界の縮図のような組織を作ることで、「学校で学んだことが生かされている」「スポーツしかしてこなかったけど、どんな仕事をするにあたっても自然と基本的な考え方の素養が備わっている」教育環境を目指します。

 

スポーツの果たす役割がどんどん大きくなってくる社会になっているのが一つの理想なのでしょうか。今後、スポーツの幅はどんどん大きくなってくるのは確実ですので、上手に活用して付き合っていく世界がいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です