ダイバーシティ富士登山2017 2日目

TEAM挑戦広報委員会の高橋です。

ダイバーシティ富士登山2日目。
予想どおりの悪天候に見舞われ、無念の宿泊先からの下山。
6時に起床し、朝ご飯を食べ、荷物をまとめて
下山に備えていきます。
私はというと、6時に起床したというか、ずっと起きていたというか・・・、
一応足の疲れはだいぶ取れたみたいです。
ただ、自称「ミスター高山病」の本領発揮とばかりに、頭がガンガン痛みます(汗)。
それでも自分なりに高山病を抑え込みつつ、
可能な限り早めに下山準備を整えていきます。
生乾きで砂まみれのレインコートをザックに押し込み、中までびしょ濡れのトレッキングシューズを履き、
無くしたと思っていた手袋片方を忘れ物一覧の中から見つけてもらい・・・。
7時30分くらいに下山開始。
1日目とは違い、晴れ間の見える幸先の良いスタートです。
そのおかげもあり、みんな軽快に下山していきます♪
1日目は雨と疲労であまり写真を撮ることができませんでしたが、
その分を取り返せとばかりに、みんなたくさん写真を撮っていきます。
どこからともなく、「登っているように見える写真も撮ろうか?」という声も聞こえてきたり(笑)。
時々曇りつつも、なんとか雨に降られず下山を続けていたのですが、
長続きはせず、また雨がふり始めます。
せっかく押し込んだレインコートをまた取り出し、1日目の苦労が頭をよぎります。
とは言っても、一度上がったテンションは簡単には下がりません♪
雨にも負けず、風にも負けず、下山道恒例の砂走も
軽快にすべっていきます♪
雨で砂が湿っていたために、例年よりも砂ぼこりが少なかったのは幸いだったかもしれません。
下山は登山に比べて、足への負担がどうしても大きくなります。
そのため、足を痛めた人をみんなでサポートしつつ、こまめに休憩しながら進みました。
私も砂走でよく足を痛めるのですが、
今回は走ることはせずに普通に歩いていたためか、
足への負担は比較的少なかったです。
雨はあいかわらず降り続いていますが、
最後の森林地帯を抜ければ、バスが待つ5合目まであと一息です。
根っこやら切り株やら岩やらがが、痛めた足にやたらとこたえます。
5合目に近いために他の登山者・下山者もたくさんおられ、
挨拶を交わしながら道を譲りつつ、少しずつ進んでいきます。
そして、とうとう5合目に到着!!
ずっと雨は降り続いていましたが、下山完了して数十分後には雨はほとんど止んでいました。
東京駅へ向かうバスの中では、みんな疲れてグッタリ。
静まりかえった車内で、私も今度はぐっすりと眠るのでした(笑)
今回も一人も大きな怪我をすることなく、
無事に登山を終えることができました。
登頂してご来光を感じることができなかったのは残念でしたが、
また来年の楽しみに取っておきたいと思います。
雨に降られっぱなしで過酷な富士登山になりましたが、
理事長が言われる「富士山は人生の縮図」を、より体感できた2日間だったのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です